Notice (8): Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE [APP/app_controller.php, line 69]
Tupi Records-Brazilian Music Label- トゥピ・レコーズ-ブラジル度数100%の新レーベル

Albums

Tokyo Session


Tokyo Session


Code: KBCW-1022
Price: ¥2700
Format: CDアルバム
Release: 2006.10.26

Tokyo Session - Yamandu Costa

Tracks


  1. Lamentos Do Morro
  2. Simpatia
  3. Meiga
  4. Modinha
  5. Manha De Carnaval
  6. What Are You Doing The Rest Of Your Life
  7. Radames Y Pele
  8. Tempo Feliz
  9. Maneco
  10. El Negro Del Blanco

ブラジルが生んだ若き天才ギターリスト、ヤマンドゥ・コスタ

CD Info


血がたぎるような激しい情熱と繊細な美しさのフュージョン。超絶的なテクニックで7弦ギターを自在に操る天才ヤマンドゥの音楽の世界が凝縮された一枚。2005年の初来日時に東京でレコーディングを行った、日本発のリリース盤。

Recommendation


単に超絶7弦ギ タ リストというだけではない 。おそら く21世紀のブラジル音楽シーンを代表することになるであろう才能の誕生に立ち会っているという実感に、心が躍る。ソロでの再来日を前に発売される本作は昨年の 来日時に録音されたものだが、初披露となるレパートリーを 多数含む内容。以前からミロンガやジャズも取り上げて おり、本作でもルグランのバラードで見せる歌心が秀逸だ。 圧巻は最後2曲のオリジナル。ジスモンチ作品のさりげない 引用も興味深い。 “ヤマンドゥ”とは「水先案内人」という意味であるという。 彼ら(ベースのチアゴも凄い!)はこの先、どんなフロンティアを 見せてくれるのか。 (現代ギター2006年11月号 “Tokyo Session”新譜案内)

Personnel


Yamandu Costa: 7 Nylon Strings Acoustic Guitar and Steel Strings Acoustic Guitar ]
Thiago Espirito Santo: Electric Fretless Bass
Edu Ribeiro: Drums / Pandeiro, Tamborim, Surdo and Cajon
Nailor "Proveta" Azevedo: Clarinet