Notice (8): Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE [APP/app_controller.php, line 69]
Tupi Records-Brazilian Music Label- トゥピ・レコーズ-ブラジル度数100%の新レーベル

Albums

Bossa Nova Celebration All Stars Live At Blue Note Tokyo


Bossa Nova Celebration All Stars Live At Blue Note Tokyo


Code: DDCJ-1008
Price: ¥2625
Format: CDアルバム
Release: 2009.08.19

Bossa Nova Celebration All Stars Live At Blue Note Tokyo - Oscar Castro - Neves

Tracks


  1. Ela E Carioca
  2. Ponteio
  3. My Sweet Sweetie Pie
  4. Domingo Azul Do Mar / Fotografia
  5. Waters Of March
  6. Rio
  7. Caninana
  8. Rio Dawning
  9. Tatiando
  10. Misturada / Tombo
  11. Chora Tua Tristeza
  12. Canto De Ossanha
  13. Manha De Carnaval
  14. Deixa

ブラジルが世界に誇る天才アーチスト、オスカー・カストロ・ネヴィスが、アイアート・モレイラ、レイラ・ピニェイロ等と繰り広げる夢のブラジリアン・ジャズ!

CD Info


本作は、2009年4月30日ブルーノート東京にて収録された貴重なライブ盤。オスカー・カストロ-ネヴィスのプロデュースによって、ジャジーなボサノヴァライブ・クラブ公演が実現し、A. C. ジョビン、R. メネスカル、B. パウエルの名曲がブラジリアンジャズの大御所により今ここに新しく生まれ変わった!

Personnel


Oscar Castro-Neves (オスカー・カストロ・ネヴィス) (g, vo)
1940年生まれ。10代の頃から音楽活動を始め、カルロス・リラ、エリス・レジーナ等をサポート。62年にセルジオ・メンデスやジョアン・ジルベルト等と共にカーネギーホールでコンサートを開催、その後もミルトン・ナシメント、マイケル・ジャクソン、スティービー・ワンダー、マンハッタン・トランスファーなど数多くのミュージシャンとコラボレートしてきた。プロデュース、ギター、ピアノ、作編曲すべてに才能を発揮し、数多くの名盤に携わり、ブラジル音楽界、ジャズ界双方のアーチストとファン双方から限りない尊敬を集めている。

SPECIAL GUESTS
Leila Pinheiro (レイラ・ピニェイロ) (vo)
82年にソロデビューを果たし、瞬く間に評価を集めた超実力派。伸びやかな歌声、深い表現力、多彩なレパートリーから"エリス・レジーナの再来"とも呼ばれ、イヴァン・リンスや渡辺貞夫などの数多くのアーチストをも魅了している。

Airto Moreira (アイアート・モレイラ) (ds)
1941生まれ。13歳からドラマーとして活動し、"サンバランソ・トリオ"、"クアルテート・ノーヴォ"等で演奏。その後ウェザー・リポートやリターン・トゥ・フォーエヴァーに在籍、ジャズ~フュージョン系打楽器奏者としても不滅の名声を得る。

FEATURING
Paulo Calasans (パウロ・カラザンス) (p, kb)
ジャヴァン、ガル・コスタ、ジョアン・ボスコ等、数多くのアーチストに愛されている名キーボード奏者。知的で、繊細、かつダイナミックなプレイは各方面からひっぱりだこ。パメラ・ドリッグス等、若手ミュージシャンのプロデュースも精力的に手がける。

Marcelo Mariano (マルセロ・マリアーノ) (b)
1967年、ピアニストのセザール・カマルゴ・マリアーノと歌姫マリーザ・ガタ・マンサの間に生まれる。14歳からプロ活動を始め、デオダート、レニーニ、ホメロ・ルバンボ等と共演。ブラジリアン・ミュージック界で最も忙しいベーシストのひとりである。

Marco Bosco (マルコ・ボスコ) (per)
1956年生まれ。ブラジルと日本を行き来するパーカッション奏者、プロデューサー。共演者はアイアート・モレイラ&フローラ・プリム夫妻からエグベルト・ジスモンチ、大江戸助六太鼓まで多岐にわたる。ボサノヴァ・シンガーのソニア・ローザは彼のいとこにあたる。